ペットショップで売れ残っていた君を見つけて、かなり悩んで飼うことにしました。
この頃はまだ噛みつくことも無かったね。
子供に触られても喜んでいた。
みんなに撫でられて、嬉しすぎて訳が分からなくなっている君の姿が昨日のようです。


この頃から、我が出てきたかな。
すれ違う犬に吠えるのはもちろん、車にも吠え続ける君。
特に子供に触られることが嫌いで、子供が近づくと吠えて威嚇するようになった。
でも、君が一番可愛かった頃かもね。 観光地に行くと、君は人気者。よくひとだかりができたね。


5歳を超えると大人しくなると聞いていたけど、君はそんなことなかったね。
子供が近づいたら、「この子、噛むからごめんね」と言って近づかせないようにしました。
しつけ教室もいっぱい行ったね。でも、何も変わらなかった。
飼い主のしつけがなってない!、なんて言われたことも。
もう少し大人しかったら、ほんとにいい子なのに、と思ってました。


そして、とうとう君も10歳になり、段々大人しくなってきました。
寝ていることが多くなってきた君を見るのは、やっぱり寂しいものです。
でも大丈夫。散歩していると、まだ「可愛い!」って声をかけてくれる人もいるからね。
これからも一緒に、ゆっくりと過ごそうね。
もし君と出会わなかったら、寂しい人生になっていたと思います。
マメ君、本当にありがとうね。